コラム | 施工管理技術者派遣ならアイアール株式会社 - Part 2

コラム

建築会社で働くことのちょっとした知恵や
社員のブログを掲載中!

  • TOP
  • コラム

現場エンジニア訪問、始めました!

r-design

こんにちは!Atsushiです。

今週から本社に復帰し、スタッフ訪問を始めました。

僕自身、1年弱、施工管理職として働いてきて
現場で働くことのやりがい、大変さもよ~くわかりました。

これからはこの体験を活かして、
当社のエンジニアとして現場で頑張ってくれている人たちを支えていきたいと思っています。

さて昨日は「勤労感謝の日」。
祝日と気づかず、颯爽とオフィスに出勤したら、だれもいなくてビックリ`@-@;

でも動いている現場はありますので、2名訪ねてきました。

 

まずはお馴染みのヒトシ君。

今年4月に入社し、N建設さんのもと建築とJWCADを勉強中。

まず一言「キャラ良すぎ!」

初対面でしたが会った早々抱きつきたくなる位クマのぬいぐるみさんにそっくりな癒しキャラでした。

彼女募集中で「彼女の為ならいつでも抱き枕になりますよ!」と素敵な笑顔で語ってくれました。

村瀬君は所長が居ない日は1人で現場を任される事も。

持ち前のキャラでみんなから可愛がってもらっており缶コーヒーの差し入れが止まないそうです。

僕自身が元気をもらえたとても良い1日でした!

新人研修◆ビフォー/アフターin広島

r-design

先週末、広島地区で新人研修を行いました。

若手技術者(のタマゴ)が3人参加。
今回も少人数でみっちり行います。

大阪から田井講師・円山講師が
僕とナヤ~んは名古屋から広島入りして、にぎやかに開催しました。

建設業界での経験が無く不安を抱えていた若手技術者たち。

【ビフォー:研修前】

冴えない表情。不安なのかな。。。

◆では、円山先生のアイスブレイク。

円山先生「♬おはようの挨拶は〜♪ワンオクターブ高く〜♫」
的な事は言ってません^^)

◆2日間ガッツリ研修の後、最後のテスト。


田井先生のガン見プレッシャーがハンパないもよう。
どうやらカンニングは難しそうです。。。

【アフター:研修後】

うさんくさい笑顔も素敵!!

2日間の研修を終え見違える程立派な姿になり巣立って行きました!!
左から 田井講師 、円山講師 、僕、 T君、M君、H君。

とても楽しいプログラムで終始笑顔が絶えませんでした。
講師の先生も経験豊富で素敵な方でした。

若手の3名もモチべーションが高く、今後に大きく期待しています!
僕もすっごく元気をもらいました!

Atsushiさんが復帰!

r-design

皆さん、こんにちは!
今週、スーパームーンは見られましたか?

さて、アイアール切っての天文オタクAtushiさんが来週から復帰します。
ブログも始まりますよ!

お楽しみに♪

ランチでリフレッシュ♪

r-design

こんにちは。
総務部のまっきーです。

読書の秋、スポーツの秋、そして食欲の秋ですね ♪

そんなわけで(?)
先日、総務部の皆さんと柳橋市場にお昼を食べに行ってきました。
市場には一度も行ったことがなく、近くなのでいい機会だし行ってみようということになりました。

なんというお店かは忘れましたが、このボリュームで500円でした。
安さ&美味しさに感動もしましたが、何より総務の皆さんと楽しくおしゃべりしながらのご飯は格別でした☆

普段、総務はお昼ご飯は会社でとることがほとんどで、お昼ご飯を外に食べに行くのは初めてでした。
机にはりついて、パソコンや数字と格闘していると、息がつまってしまうことがあります。
たまには、外にでてリフレッシュすることも大事だなと実感しました。

また総務部でお昼に出かけたいですし、色々開拓していきたいと思います☆

博多駅前の陥没事故に思う

r-design

皆さん、こんにちは!
今週は大変なことが起こりましたね!

アメリカ大統領選挙でまさか、まさかのトランプ氏勝利!
ドルも株も暴落していましたが、さすが彼のビジネスマンっぷりに期待が集まったのか、
一夜明ければ逞しいウォール街は好反発し、ダウ平均は終値でなんと過去最高値を更新したのだとか。

こんな週中の大ニュースで、テレビ画面は赤と青一色でしたが
(個人的にはクリントン夫妻の敗北宣言時の紫色に全米半分の悲嘆を感じました)
週の初めには国内でド肝を抜く映像が飛び込んできました。

【博多駅前の陥没事故 その瞬間】

起こってしまった原因とか、いろいろとあると思うのですが
そうしたことはさておき、「起こりそう」から「起こってしまったあと」の対応がツイッターなどで賞賛されているようです。

NAVERまとめより

これが「施工管理」っていうんですね。
事故は起きないのが一番。
でも起きてしまったときに、いかに被害を最小限にとどめるか迅速に復旧するかが求められると思うのです。
それを多くの施工管理者の方々が、チームワークでまとめている。
素晴らしい仕事ですね。
弊社も、そういう工事、そういう人材の育成を目指していきたいと思います。

TOP