コラム | 施工管理技術者派遣ならアイアール株式会社 - Part 4

コラム

建築会社で働くことのちょっとした知恵や
社員のブログを掲載中!

  • TOP
  • コラム

リクナビNEXTで求人スタート!

r-design

皆さん、こんにちは!

ちょっと前まで暑い、暑いと言っていたのに、
すっかり秋も深まってきました。
都会の木々が色づくのももうすぐですね。

でもアイアールの社内は熱い、熱い!
熱気でムンムンしていて、扇風機が必要です。

さて、本日より「リクナビNEXT」にて求人を開始しました。

リクナビNEXT アイアール株式会社 求人情報ページ

仲間を増やして、もっともっと活気ある会社にしていきます。

天高く・・・

r-design

こんにちは!

アイアールの新しい本社は、名古屋駅から桜通りを国際センター方面に歩いて行ったところにあります。

いつも朝出勤する際はユニモール地下街を通って、ビルのスグ前のU12番出口まで歩くのですが、
今朝は久しぶりに、地上を歩きました。

ビルの間に透き通った青空が広がり、とても気持ちの良い朝でした。

去年の11月に名古屋支店がオープンしてから名古屋駅エリアではたらくようになりましたが
そのころには駅周辺の建築中のビルの上に乗っかっていたクレーンも、一掃されました。

3月に大名古屋ビルヂングがオープンし、
6月にJPタワーがオープンし、
来年オープン予定のJRゲートタワーも、外観はすでに出来上がっています。
いまは、電気や空調・衛生設備工事が急ピッチで進められているようですね。

ビルのガラス面に映り込む景色が大好きです。

大阪にて、教えられたこと。

r-design

こんにちは!今日から9月ですね!

まだまだ残暑は厳しそうですが、確実に秋が近づいているな、と朝の空気や夕方の空の色から感じます。
現場でお仕事の方にとっては、ホッと一息な時期ではないでしょうか。

さて、サルは先日、北日本を台風が襲った日、大阪に行ってまいりました。
3人の方に「はたらく」とは?というインタビューをしてきました。
その内容は、後日このWebサイト上でも紹介しようと思います。

50代の方お二人と、30代の方お一人。

それぞれ、職業もおかれた環境も異なりますが、何かをずーっと信じて突き進んできた人たち。

- 人は見かけでは判断できない。

- 誰にも負けないくらい努力をすること!

- 人と人との繋がり、信頼関係が仕事をつくる。

- 脳みそが千切れるくらいお客さんのことを考える!

そんな名言がたくさん!

サルは感動しました。

若い人たちにぜひ聞いてほしい!

若くはないサルも、小さなことでもいいから、今からでも、実践したいと思います。


大阪梅田駅前。
大阪も、建設業は生きていますね!

移転しました!

r-design

こんにちは!

毎日、蒸し暑い日が続いています。
お盆は過ぎましたが、残暑が厳しいですね。

私どもは、8月10日から16日まで夏休みをいただいておりました。

そして、その間に引越し作業を行いました。

アイアール株式会社は、本店および名古屋支店を統合し、名古屋市内で移転いたします。

正式には9月1日から新しい事業所での営業を開始いたしますが、引越し自体は休業中に行ったという次第です。

新しいオフィスは、JR名古屋駅から東へ延びる桜通りに面しています。

駅で言うと、名古屋駅から徒歩5分程度、ユニモール地下街を歩いてきていただくと、雨にもほとんど濡れることなく便利です。
12番出口を出たら目の前。
地下鉄桜通線の国際センター駅もスグです。

アイアールは創業からまだ1年半あまりの会社なので、荷物はそれほど多くありませんが、
まだ内装工事が終わっていないこともあり、新しい事務所の中はゴタゴタしています。

が、これまで本店にいたスタッフと支店にいたスタッフが同じオフィスになり、にぎやかになりました。
コミュニケーションも活発になっています。

これからお客様、そして技術者の皆さまに対し、一層のサービス向上をめざしてがんばってまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

日本の未来のために。

r-design

こんにちは!
残暑お見舞い申し上げます。

立秋を過ぎたとはいえ、酷暑が続いております。
建築現場で働いている皆さまには、熱中症などにくれぐれも気を付けてお過ごしくださいね。

さて、さきほど天皇陛下が、生前退位に向けてのお気持ちを、自らのお言葉で述べられました。
政治的発言とならないように、一つひとつ丁寧に言葉を選んでお話しされていることが印象的でした。

国民一人ひとりへの愛、憲法の尊重、そして日本の未来に対する強い責任感に感銘を受けました。

日本の社会の高齢化に対する思いや、次の世代への期待、
引き継がなければならない伝統と、新しく生まれかわるべき革新、
そんなものへの想いも伝わってきました。

この国には、素晴らしいものがたくさんある!

次の時代をあなたの手で、
皆で力を合わせて、築いていきましょう!

TOP