コラム | 施工管理技術者派遣ならアイアール株式会社 - Part 5

コラム

建築会社で働くことのちょっとした知恵や
社員のブログを掲載中!

  • TOP
  • コラム

ヒトシ君2号、成長中!

r-design

こんにちは!営業の倉本です。

昨日は僕の担当するスタッフの現場を訪ねてきました。

今年4月に全くの未経験で入社し、建築リフォームの現場に配属されました。
名前が僕と同じ「ヒトシ」なので、親近感をもって見守っています。

以前、訪ねたときは別のリフォーム現場の施工開始直前で、
準備段階でしたので、所長さんの調査や打ち合わせについていく、という感じでしたが、昨日はすっかり、まわりの状況を把握して自分の意志で動いている様子が感じられました。

CADもだいぶ覚えて、図面の修正もすらすら。

入った当初は先輩にも、
「職人さんとのコミュニケーションが取れていない!」と怒られることがありましたが、年齢が上の職人さんに、きちんと伝えるべきことを伝え、その関係性もとてもうまくいっているように見えました。

あまりの成長ぶりに驚愕しました。

今後も僕ができる限りのフォローをして、現場代理人レベルの仕事ができるまで応援したいと思います!

東京支店、始動しています!

r-design

皆さん、こんにちは!
ニャンちゅうです。

アイアール株式会社の東京支店が、今週の7月4日に開業いたしました!

私は支店長として赴任し、さまざまな手続きを経て、
企業様の訪問から、スタッフの面談まで、早速いそがしく動き回っています。

しばらく三重の田舎におりましたので、東京・新宿の人の多さ、スピードの速さには、少しだけ面喰いますが、これから、首都圏の企業様のニーズに応え、
建設業ではたらきたいという方たちのために、頑張っていきたいと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします!

写真は、猛暑日でうだるような暑さの新宿:昨日の午後。

暑さに負けず、オープニングスタッフ大募集中です!!

熱中症に気をつけてください!

r-design

今日の名古屋は、まるで梅雨が明けてしまったかのような夏空が広がっています。

最高気温は35度。真夏日を超えて猛暑日となりました。

関東以西の太平洋岸は軒並み高温になっています。
建設現場で頑張っておられる皆さん、どうか熱中症にならないように、水分と適度な塩分を補給してくださいね。
各現場の安全対策でも十分に配慮されているかと思いますが、体調に異変を感じたら、すぐに傍にいる人に訴えてください。

沖縄の南の方に誕生している台風1号も気になりますが、今夜は七夕。数年ぶりの晴れのようです。天の川は見えるでしょうか…。

東京支店準備中!

r-design

こんにちは!ニャンちゅうです。

ニャンちゅうとは、うちの営業マンが私につけたペンネームです。
似てるそうです。

アイアール株式会社では、来月より東京支店を正式にオープンいたします。
首都圏および東日本の需要は、やはり大きいです。

現在オープニングスタッフ大募集中!

関東方面の求人情報も、どんどんアップしていきますよ。

昨日は、支店開設準備のための東京出張でした。

やはり東京は活気があります。
元気が出ます。

新しく支店を立ち上げるのは、体力と気力が要ります。
しかも日本最大のマーケット!

後発ではありますが、アイアールらしさを大切にし会社全体を牽引する旗艦店ざして、頑張ります!

 

首長のいなくなった都庁。でも東京とアイアールはますます輝きますよ!

 

営業マン倉本 ぼくの泥団子は大人気です!

r-design

こんにちは!営業の倉本です。

ぼくの仕事は、技術者の方々、技術者になりたい方々に、気持ちよく活躍していただける仕事をマッチングさせること、
そしてアイアールの社員として働く技術者の皆さんをあらゆる面から支援することです。

そのために、ときどき現場で研修を受けることがあります。
先日は、杭打ち現場で1日研修してきました!

やー、懐かしい!!!

ぼくは昔、現場で施工管理の仕事もしてましたから、久しぶり!

やっぱり現場っていいなー

と思いました!!!

これ何やってるかっていうと、地質調査なんですね。

この日の予定は、設計検査のための地質調査でした。

そこで、私がドリルで穴を掘り、ドリルの先についた土を採取し
施工管理の皆さんと一緒に泥団子にして、検査シートの上に並べているところです。

地下25メートル掘り、
20メートルから25メートルまで、1メメートル間隔で土を採取しました。

「杭打ち」というのは、去年何かと話題になりましたけど、安全な建造物を建てるときに大事な基盤をつくっていく工程です。

その土地がどんな土壌からできているかで、杭の打ち方も変わってきますから念入りな調査は非常に重要な工程です。

土いじりが大好きだった、幼いころの思い出が甦ります。

ぼくは記念に持って帰って額に飾っておきたいと思います!

TOP