建設土木業界には、「プロフェッショナルの証」である様々な資格が存在します。今回紹介する「一級土木施工管理技士」という資格もその一つ。この資格は、日本のインフラ整備プロジェクトの第一線で活躍した証でもあります。

アイアールには、働きながら資格取得を目指す社員をサポートする「資格取得支援制度」があります。これは、資格取得のために通った専門学校の学費を補助するというもの。詳しくはこちら

この「資格取得支援制度」を利用し、働きながら「一級土木施工管理技士」に挑戦中の戸松さんにお話を伺いました。

自分の技術が通用する、その実感がやりがい

――戸松さんがアイアールに入社したきっかけを教えてください

建設業界で働きたいと思った理由は、技術を磨きながら、大手や大規模な仕事に携われることに魅力を感じたからです。
このアイアールを選んだ理由は、加藤人事部長の人柄に触れ、こんな人と一緒に仕事をしたいと思ったから! 入社してみて選択は間違ってなかったと実感しています。

――戸松さんが今の仕事でやりがいを感じるのはどんな時ですか

大規模な工事に携われるし、自分がやってきたことが通じると楽しいし、やりがいを感じますね。
新しい技術も覚えられ、自分のスキルもどんどん磨かれていくのを実感できる。実は、毎日楽しくてしょうがないんです。

資格を持っていることが、自信になる

――一級土木施工管理技士があると、どんな場面で有利なのでしょうか

もしこの資格があれば、現在の職場では各作業の責任者として専任されるし、監理技術者としても一目置かれます。
発言に対する説得力も違いますし、今後の自分のキャリアのために、ぜひとも取得したい資格です。

――資格取得支援制度を利用しようと思ったきっかけを教えてください

二級土木施工管理技士と一級では見られ方や存在感が違うと実感することがあったので、一級をいつか取得したいと考えていました。
今の職場では、時間も自分で調整出来るので、仕事の後の時間を活用して資格取得のために学校に通えるのではと思うようになりました。

――資格取得までの大まかなスケジュールを教えてください

9月末まで目一杯勉強します。10月1日に実地試験を受け、来年の2月1日が合格発表になります。

――仕事をしながらの資格取得の勉強、大変なこともありそうですが意気込みをお願いします

自分にへの投資や、周囲からの期待に、やる気で燃えています。できる限りの努力をし、自分に甘い言い訳をしないように頑張ります。

――最後に、アイアールの仲間になろうとしている人へのメッセージをお願いします

仕事も資格取得も、情熱を持って取り組めて、頑張れる自分の場所があるって最高ですよね!
全力で何かに取り組むと、不思議と試練が一緒にやってくるものです。でも、それは必ず乗り越えられる試練なので、情熱を持って取り組んで行きましょう!
私もよく逃げ出したいって思うときもありますが(笑)、乗り越えると必ず力になるという実感があるから挑戦することをやめられない。
辛いことを楽しめるって最高ですよね!

一緒に自分の場所を探しましょう!

戸松さんの挑戦、応援しています。ありがとうございました。