橋などの公共インフラに関わる事務所に、正規常用雇用()でご就業中の、Kさん、Mさんにお話を伺いました。お二人は、一般事務、CADオペレーターという異なる職種で派遣されています。

―― お二人は同じ事務所で働いているんですよね

Mさん:はい。席も目の前で向かい合わせに座っています。同じ会社の人と机を並べる機会はあまりないので、ありがたいです。

―― 現在の職場の雰囲気はいかがですか

Kさん:いい方ばかりで助かっています。私は、全く違う業界から転職したので、毎日が勉強だと思いながら仕事に取り組んでいます。出来ることから任されているので、無理なく仕事できていますし、わからないことを親切に教えてくれるので働きやすいです。

―― 現在はどんなプロジェクトに携わっているんでしょうか

Mさん:橋梁といって、橋の設計に携わっています。橋の名前を調べれば、自分が全国のどの橋の設計に関わったのかがわかります。一から設計することはありませんが、自分が図面などを修正した橋が日本のどこかで人を支えていると思うと、やりがいを感じます。

―― 今後のお二人の目標を教えてください

Mさん:今後は、もっとCADの技術を磨いて、大きな仕事を任されるようになりたいと思っています。社内の制度を利用して、資格にも挑戦していきたいです。

Kさん:私はもっとできることを増やしていきたいです。今は事務に慣れることで手一杯ですが、今後はCADも勉強して、事務もCADもできるようになりたいと思っています。

ありがとうございました!

 正規常用雇用という働き方は、アイアールに正社員として籍を置きながら、お客様先で就労するというもの。正社員と同じ条件で安定して働きながら、様々な職務経験が積めるメリットの多い働き方です。