コラム

建築会社で働くことのちょっとした知恵や
社員のブログを掲載中!

  • TOP
  • コラム

建設工事はパズルです。

名古屋本店コラム

こんにちは。アイアール本店の倉本です。
私の担当する名古屋駅、伏見、栄エリアでは現在高層ビルの新築、
建替え等がラッシュであります。

先日打ち合わせで訪問した現場では、鉄骨工事の大詰めを迎えており、しばらく見入ってしましました。
なんでしょうかこの感覚。パズルを組むときのような集中、鉄の匂い、組みあがった時の達成感。
モノ作りが好きな方であれば何となく分かるはず。私も竣工するのを楽しみにしております。

弊社ではこのような大型物件、アクセスの良い現場等が多々あり、
多くのスタッフが担当しております。
そして仕事終わりに皆でご飯を食べたり、買い物をしたり、映画を見たりしております。
仕事だけでなく、プライベートが充実するような取り組みをしており、これから入社して頂く方、
入社を考えて見える方も是非ご一緒させて頂ければと思っております。
※プライベートであまり関わりたくない方はそのまま帰宅して頂いても大丈夫です。

そして皆で完成した物件を一度見に行きたいと思います。
自分達の手で苦労して完成させた物件であり、その人にしか分からない感動があります。
この感覚を大切にして頂きたいと思います。建設工事はパズルです。

建設工事はパズルです。

ご褒美ご飯

東京支店コラム

今日は天気良い週末です。
引越しと新環境に慣れるまでの間、外食とインスタント食品の日々が多かったので、家族全員へのご褒美のため
韓国の外食メニューの「チクタク」を作ってみました。
それでは早速作り方を公開していこうと思います。

チクタクレシピ
韓国では普通丸1匹と鶏肉を段切りして作りますが、日本のスーパーでは売っているところが少なくて
今回は違う食感を感じる為に、手羽先とモモ肉の2種類を選びました。
鶏肉はきれいに洗ってから、牛乳と塩コショウで10分ほど漬けておくと柔らかくなるので、やってみました。
さつま芋の春雨も事前に水に漬けておきます。(写真撮り忘れ)

チクタクレシピ
漬け置き準備できたら、「チクタク」に入れる野菜の準備を行い(今回はジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、エリンギ)、
ソースも作っておきます。
ソースの作り方:
濃口醤油10スップン、砂糖3スップン、料理酒3スップン、ごま油少し、ニンニクみじん切り、ネギみじん切り、水少しで完成!
(※色を少し黒くしたい場合は黒砂糖に変更)

これからは本番のスタート~
お鍋に洗った鶏肉と完成したソースを半分ほど入れて、水を肉の浸するところまで加えて、煮込んで行きます。

チクタクレシピ
一回涌いてきたら、用意した野菜を固い方から入れ始め、半熟になったら、残りの野菜も全ていれます。

チクタクレシピ
あとは、中火に設定して汁が減るまで煮込んで行きます。(途中でさつま芋春雨も入れる)

チクタクレシピ
これでビールにも御飯にも合う「チクタク」完成~

織田・豊臣・徳川

東京支店コラム

「織田がつき羽柴がこねし天下餅。座りしままに食うは徳川」
また
「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」「鳴かぬなら鳴かせてみようホトトギス」
「鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス」
これは戦国時代の英傑、織田信長と豊臣秀吉、徳川家康も評した言葉である。
織田、豊臣、徳川。この3人、いずれも天下を目指しある意味天下を取った3人である。
では何故、最後に徳川家康が260年続く太平の世を築けたのか、何故、織田、豊臣政権は短命に終わったのか、これを検証してみたい。
この3人の中で、一番の違いは、その家臣団である。
織田信長は尾張守護代配下の4奉行織田家の中で頭角を現して来た由緒ある家系ではあるが、その家臣団は実力主義の中で頭角を現し、ある意味外様と言える明智光秀、羽柴秀吉、滝川一益と言った新参家臣の出世の反面、平手正秀、佐久間信盛、柴田勝家と言った譜代の家臣をないがしろにした結果、新参家臣の明智光秀に滅ぼされてしまいます。

豊臣秀吉はと言うと、そもそも百姓からの成り上がりである為、その個人的なカリスマ性だけで天下を取り、譜代の家臣を持たなかった故に、彼の死後は古参の大名がこぞって家康に寝返り、1代限りの天下となってしまいました。

では家康はどうでしょう。井伊直政といった新参家臣の取り込みはあったものの、本田忠勝、本田正信、榊原康正、鳥居元忠といった家康が駿府での人質時代から苦労を共にした家臣達も同様に重用し、バランスの効いた家臣団を形成していきました。結果、石川数正と言った寝返り者が出たとしても、その結束は崩れること無く、徳川260年の天下を築けたと言えます。

これは現代社会でも同じことが言えるのではないでしょうか。会社を発展、安定させるには勿論、外からの新しい風を入れる事も重要ですが、昔から苦労を共にしてきた部下も重用し、新しい斬新な意見と、古い昔からの意見を上手く融合させて会社を築いて行く。その結果として、その会社全体の成長が見られるのです。
新しい風と古い風、この二つの風を、いかに迎合させて、会社の統一した意見に持って行くか。これは一重にそのトップに立つ人間の度量と言えるのではないでしょうか。

織田・豊臣・徳川

外国人労働者雇用

東京支店コラム

こんにちは、今回は外国人雇用に付いての第二弾です。
一口に外国人雇用と言っても世界には国連に加盟している国だけでも193か国(2017年10月現在)あります。その全ての外国人が日本に来て仕事をする訳ではないのですが、何気に多くの外国人が日本で仕事をしています。
自分が携わった外国人ではルーマニア、トルコ、シエラレオネ、ブルキナファソといった普段では殆ど関りを持つことが少ない外国人と仕事を共にして来ました。色々な国が有りますが、どの外国人にも共通して言える事は、皆んな日本が好きで夢を持って来日していると言う事です。そして平和な国、日本で頑張って行きたいと言う気持ちです。

ある日、ルーマニア人の女性と仕事前に話す時間があり、内戦時代の事を話していた時、お母さんが看護師で、自分の危険も顧みず、街中で怪我をしている一般人を必死で看護している姿を毎日見ていたと涙ながらに語ってくれました。正直、仕事前にまずい事聞いたなと反省はしたのですが、改めて日本の平和に感謝した一日でした。

そんな日本に大きな夢を持って仕事を探しに来ている外国人を雇用するのも、私たち派遣会社の使命ではないかと個人的には考えています。外国人はその国その国によって文化や風習が違うと前回述べました(ちなみにあるコンゴ人は和式トイレの便座に普通に後ろ向きに座って用を足してました。それもドアをオープンにして(#^^#))。

しかし、そんな外国人に日本の文化を教えるのも私たちの仕事です。どんな人も誠意を持って話せば必ず真意は伝わります。外国人も同じです。よく外国人は生活のマナーが悪いと言われていますが、それは教えていないからです。少なくとも、私の携わった外国人は一生懸命話せば必ずそれに従ってくれました。

誠意を持って相手に接する。これは外国人に限らず、私たち日本人に対しても必要な事なのではないでしょうか。
外国人労働者雇用

3.11と同時に想うこと

大阪支店コラム

昨日3月11日、東日本大地震から8年が経ちました。
当時、私は関西・神戸で一人暮らしをする学生。
平日の午後、少し揺れを感じたのでツイッターやテレビを開いたら、日本の東側では大変なことが起こっていました。大津波、震災被害、原発事故…

それ以来の、被災地の方々の踏ん張りは計り知れません。
多くの方々が命を失い、家族を失い、家も、故郷も失いました。あの日以来、日本国中、苦悩し、議論し、そしてとにかく行動しました。被災地では何が不足しているのか、被災者がどういう気持ちでいらっしゃるのか、多くの国民(いや、国民だけでなく、海外からも) 支援と声援と心遣いが、物資や資金が、届けられました。
メディアもまた、コマーシャルを控えたりと多くの配慮・心遣いをしました。はたまた、娯楽がなければ被災者も息抜きができないのではと逆にネットでは敢えてクスっと笑えるネタを提供したり… どのような立場の人も、被災者を想う気持ちから自身の行動を起こしました。行動を起こす金銭的・心的余裕のない方々も、心の奥では祈っていました。

天災という災難には、思想も価値観も関係ありません。
「同じ人間としてなにができるか」

でも、また別にひとつ、同じ日本人として忘れてはいけないことがあります。
日本から拉致された被害者がいます。

ある日突然、忽然と消えて、どこへ行ったのかわからない。日常がある日突然奪われ、取り残された家族。
北朝鮮による拉致被害者です。
1970年代より、日本のあちこちで、人知れずポツポツと拉致され日本から消えた人がいる。日本政府は今も北朝鮮へ拉致被害者を返してくれと訴えていますが、国民のどれほどがその問題を共有できているでしょうか。昨年12月と今年2月、閉ざされた国「北朝鮮」と米国トランプ大統領の会談、日本メディアは秘密の国「北朝鮮」への好奇心的興味が先行、国民を拉致されたのに。北朝鮮を魅惑のアイドル扱いです。

日本の学校ではおそらく、今、東日本大地震の出来事を積極的に子供達に語っているでしょう。NHK紅白歌合戦でも、毎年東日本大震災被災地をテーマにする一コマがあります。もちろん、それは、本当に大切な事です。

でも北朝鮮による拉致被害者のことは、全くと言っていい程、表沙汰にされません。
確実な拉致被害者は17名、警察が北朝鮮による拉致の可能性を排除できないと断言している被害者はさらに+883名。
彼等のことを知り、その家族を思い遣る国民はどれほどいるのでしょうか。もちろん、経済効果としての額を換算すると東日本大地震の方が圧倒的に大きいのかもしれません。でも、密かに消えてゆく失踪者、そしてその家族の辛さ。仲間を奪われたこと。同じ日本国民を失うということ。

それを表沙汰に積極的に公表しないのは、北朝鮮への遠慮ですか。

たとえば家族がある日突然消えたら
たとえば自分がある日突然異国へ誘拐されたら
黙ってられますか。

東日本大地震被災者と北朝鮮拉致被害者。この違いは何なんだろう?
それについてメディアは積極的に報じない。政治家もイマイチ積極的でない。

悔しいです。
仲間を拉致られておきながら。

そんな事を、3.11に考えました。
どんな状況であれ、家族を失うことは辛いです。

以上は、政治的意見ではありません。
アイアール株式会社大阪支店総務Sの個人的なコメントとして、投稿させて頂きます。
3.11

TOP