コラム

アイアールからのお知らせです。

ラグビーワールドカップ

東京支店コラム

今年9月にラグビーのワールドカップが開催されます。
今回で9回目の開催ですが、何気に知らないかもしれませんが、日本代表は全大会に出場しています。
また、前回のリオオリンピックでも7人制ラグビーに出場しています。それだけアジアでのラグビーの地位は確固たるものなのです。
ある意味サッカーやバスケットのそれと比べると全然違いますね。

今や、世界規模にまで大きくなったラグビーですが、そもそも、どうやって生まれた競技なんでしょうか。

ラグビー発祥の地はサッカーと同じくイングランドで、ある日校庭でサッカーの試合中に興奮した子供がサッカーボールを手に持ってゴールに向かって走って行ってしまった事が始まりだと言われています。
(勿論これも諸説ありますが)

勿論、その時には、その走った子供は皆から激しく叱責されたでしょう。
手を使ってはいけない競技で堂々と手を使って走ったのですから。
その子自身も深く反省したと思います。
しかし、その中で、誰かが「これは面白い」と発想の転換でこれを競技として取り入れたのです。
そして今では、ワールドカップが開かれる程メジャーな競技になったのです。
その時にはとんでもない行為や言動であっても、発想の転換でいくらでも新しい物を産み出すと言う典型なのかもしれません。

これは、仕事でも言えるのではないでしょうか。
日常の業務の中で、突拍子も無い行動を起こしたり、言動が出たりする事が多々あると思います。
しかし、それも発送を転換して新しい考えとして柔軟に考えれば、それは素晴らしいものに成り得るのです。

私たちも日頃、仕事をするに当たって、全くだれも考えもしなかった考え、誰もが予想だにしなかった行動が見られた場合、単純に、それを非難するだけでなく、それらが今後の業務にどう活かせるのかを常に考える必要があるのではないでしょうか。

ラグビーワールドカップ

TOP