コラム

アイアールからのお知らせです。

夏の全国高校野球選手権大会

東京支店コラム

今年も8月6日から夏の甲子園が開催されます。第一回から数えて今年で101回目、歴史を感じさせます。

かく言う自分も今から30数年前は高校球児でした。勿論控えですけど。(誰も信じてくれませんが(>_<))。
自分がいた頃の高校は2年上の先輩がドラフト2位で広島へ、同級生が1位で近鉄に入団する程、超強豪チームでした(これも誰も信じてくれませんが)。
しかし、自分がいた3年間では一度も甲子園には出場できてません(その後2回出場しています)。

その中でも自分が3年生の夏でした。
下馬評では甲子園絶対と言われ、事実、準々決勝で甲子園常連校に延長の末、サヨナラ勝ちを収めた時は、間違いなく行けるものだと思っていました。

そして準決勝、相手は県内でも有数の進学校。勿論、甲子園経験はありません。
正直、勢いでここまで来た感じの高校でした。自分たちも、その時点で既に決勝を見据えた動きを取っていました。

そして迎えた試合当日、結果は1対0の完封負け。
初回に1点を取られ、そのまま試合終了と言う、いわゆるスミ1の試合でした。
強豪校に負けるならまだしも、何故、あの高校に・・・。
後悔先に立たずの試合であった事は30数年経った今でも忘れられません。では敗因は何だったのか。
今、考えると、やはり気の緩みだったのではないでしょうか。
1回に1点を取られ、まだまだ逆転の機会は有ると高をくくった結果が、敗戦に繋がってしまったのではないかと
どんな相手であってもどんな仕事であっても、最後まで全力で取り組む事の重要さをしみじみと考えさせられた経験でした。
これから、皆さんも色々な仕事を色々な人と一緒にやる事が出て来ると思うのですが、
気を緩める事無く、何事にも全力投球を忘れずに取り組んで行けば、必ず結果は出るものと信じています。
今回は青春時代の苦い思い出を語らせて頂きました。
※写真は第98回大会優勝の作新学院、我が子の母校です(部員ではありません)。

TOP