コラム

アイアールからのお知らせです。

魔法の言葉

名古屋本店コラム

本社の杉田です。
毎回、自分の番が回ってくるのがツライと感じてる50歳です。

さて、今回は、先日嫌々参加したセミナーのお話です。

大体、セミナーと言う類は、眠くなるのが相場と決まってます。
私もご多分に漏れず、その相場を守る一人です。

時間が来て、出入り口が締まり、苦痛の時間がスタート
冒頭からお決まりの形式的な進行で、
開始僅か10分程度で私の瞼は、石の様に重くなり、いつでも落ちる自信120%
今日も絶好調⁉ヤッタネ⁉

ただ、そんな状態でも必死にもがく自分がおり、
右に左に前に後ろに、上体が揺れ、その都度眠気に抗う自分がいる。

もう楽になろうと思った瞬間、デカい声で登壇してきた講師がおり、
そのデカさに私の眠気も後ずさり。

その講師は、某ファーストフード店で店長をされ、その後上の方まで行かれた肩書を持たれる方でしたが、
こちらとしては、勢いの凄さに逆に冷めた目で見てました。

しかし、話を聞いていくうちに、眠気どころではなく、パッチリと目を開け、
聞き入っている自分がそこにはいました。

話の内容は、至極当たり前でもそれを行動に移すことは、とても難しいもの。
(写真の言葉で感銘を受けたのは、失敗時にナイストライ!って声かけ)

私も年を重ね、褒められることは少なくなり、むしろ怒られることばかり。
でも、率先して若い人たちが多いアイアールでこんな言葉を投げかけられる人になりたい。
それにより、会社が今より素敵な会社になったら、みんながより幸せになれるよね。
何はともあれ、セミナーで寝てばかりではいけないなぁと感じた日でした。

TOP