コラム

アイアールからのお知らせです。

山本家の家族

大阪支店コラム

これから何度かに分けて、
父と私の大切な家族の『パグ』の紹介をさせて下さい。

上記の写真は、生まれてちょうど2カ月の『パグ』が、2018年1月20日にうちに来たばかりの時の写真です。

昨年1月に母が亡くなり、お葬式が終わった夜、父が寂しそうに私に
父:「明日から会社行くんか?」と、聞いてきた。
私:「忌引で1週間特別休暇やから、会社は来週からやよ」と言うと、
父:「ふ〜ん」
で終わった。

翌朝、
父:「鳥でも飼おうかな?」と言ったので、
父を1人置いて、会社に行くの、ちょっとな〜と思っていたので、
私:「鳥飼うの、良いねェ。今日夕方から、ペットショップに行こか?」と、妹も参加して、父の新しいパートナーを探しに行く事になりました。

妹:「鳥は怖いから面倒見られへんけど、犬やったら面倒見てあげられるのに」と言うのを聞いて、
以前、父がペットショップでパグ犬を見て、このパグ犬を飼いたいと言っていたのを思い出し、2日かけて5〜6件ペットショップを回りましたが、パグ犬は全く居なくて、1日目の最後の店で父に少し懐いていたシーズー犬をもう一度見ようとその店に戻る事にしました。
その2日目の最後に戻ったペットショップの直前に行ったペットショップに、真っ白で片手に乗る小さなペキニーズ犬が居て、父も妹も私も可愛い💕と抱っこさせて貰ったのですが、小さ過ぎて、壊れそうで、育てるのは怖いと思い、飼うのを止めたペキニーズ犬が、戻ったペットショップにも居たのですが、
生まれて2カ月で誕生日は全く同じなのに、
他は全然違っていて、
大きさが白い小さな子に比べて2倍位あり、
仰向けで短い両手両足を広げて、
出ベソを見せて
白目をむいて、
イビキをかいて寝ていました。

私:「ここにもペキニーズ犬、いたのですね」と言うと、店員さんが出してきて、抱っこさせて下さいました。
大きさもしっかりしていて、出ベソて、短足で、鼻ぺちゃで、髪もめちゃくちゃで、顔もめちゃくちゃで、クチャとした子というのが第一印象でしたが、一番よく見るパグ犬と同じ配色で、パグ犬とソックリと思い、父も気に入り、この子を連れて帰る事にしたのが、『パグ』との出会いです。

そのペットショップで、登録や契約などしていて、名前が決まったらご連絡をお願いしますと言われ、パグにソックリだから『パグ』にしようという事になり、その場で名前も決まりました。

2017年11月20日生まれの
ペキニーズ犬の『パグ』、
男の子です。
宜しくお願いします。

TOP