コラム

アイアールからのお知らせです。

日本で一番の漢

名古屋本店コラム

明けましておめでとうございます。
皆さま、本年も一年よろしくお願いいたします。

前回のブログが、多くの皆さまよりご支持頂き、大変好評を博しました。
ちなみに、18万人の方からフォローがありました。
有難うございます。

今回は、20万人の方に見てもらえる様に、より一層気合を入れて書かせて頂きます。

今回のテーマは、季節柄を出して「冬休み」
今回の冬休みは、12月28日~1月5日までと長く休ませてもらいました。
私は、2泊3日で長男と二人で里帰りをして参りました。
勿論、家族揃って行くもんだと思ってましたが、嫁が行かないとのことで、
それに伴い、次男も連れていけないという意味の分からない里帰りに。

これだけを見ますと、家族円満なのかと言う疑問が出ると思います。
泣けるほど円満です。
何故なら、私は嫁の実家におり、とても肩身の狭い想いをし、こそこそ暮らしておる日々ですが、
嫁と子供は、じいじ(義父)とばあば(義母)に気を遣うこともなく伸び伸び悠々自適に暮らせるためです。
改めて字面にすると、自分の偉大さ、寛大さを認識します。

いや違う、嫁が怖い、怖過ぎる。
いつからあんな鬼嫁になったんだ。
いつからではない、最初付き合っていた時からだ、あの人の怖さは。
怖過ぎて、これ以上書けない。バレたら、やられる。

そうだ、今回のテーマは、冬休みだったんだ。
話を戻しますと、
2泊3日で長男と二人で里帰りをしてきました。

何故、二人って?

勿論、家族揃って行くものと思ってましたが、そう嫁が突然行かないって、
それに伴い次男も連れていかないことに、って、すいません、嫁が怖過ぎてまた話が逸れるところでした。

2泊3日で長男と二人で里帰りをしてきました。
いや、もうこんな幸せなテーマで書ける訳ない。そうだっ、テーマを変えよう。

「冬休み」から「日本で一番の漢」へ

実は、私は毎日夕食を食べる前に必ず体重計に乗せられ、毎日の体重をチェックされます。

そうあれは、1月3日の夕食前の体重計チェックでのこと。
あろうことか体重が3kgも増えており、私の顔から血の気が引いていき、その体重を見た嫁は、みるみる顔を上気させ、怒りを爆発。

ありとあらゆる罵詈雑言の嵐。それで収まればまだ良いのですが、これには続きが。

夕食を食べる際に、義父、義母の前で体重が増えたことを暴露。
それに呼応して、義父からもお小言。
肩身の狭さは、日本で一番の漢じゃないかと自負する瞬間でした。

テーマは、ある意味冬休みでも良かったかな。

では、今年も嫁と子供の楽しいそうな振る舞いとは裏腹に
こそこそ息を潜んだ生活を送ることを決意し、力強く過ごしていきます。

TOP