コラム

アイアールからのお知らせです。

銀山温泉

東京支店コラム

本日は大正のロマンチックを感じられる街を紹介させていただきます。

GW中に銀山温泉に行ってきました。
凄い雨で大変でしたが、途中止んでくれたのでとてもラッキーでした。

 

それでは銀山温泉について紹介致します。

 

銀山温泉が発見されたのは、江戸時代の延沢銀山という鉱夫で
そこから銀山温泉と名前がつけられています。

銀山温泉の泉質は、ナトリウム―塩化物・硫酸塩温泉(低張性中性高温泉)で、
切り傷や火傷、慢性皮膚炎、慢性婦人病、動脈硬化、神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性消化器病などと、
疲労回復や健康増進、病後回復期などにも効果的と言われています。

 

温泉としての効果も抜群ですが、
人気を集めている理由はやはり風情のある建物と街並みではないかと思います。

 

温泉街の中心を流れる銀山川の両岸には木造の温泉旅館が立ち並び、今ではなかなか見られないガス灯が街を照らします。
銀山温泉を訪れれば、まるで大正時代にタイムスリップしたような気分が味わえるでしょう。
特に雪化粧をまとった温泉街の美しさは話題になっていて、冬の観光地として高い人気を誇ります。

 

高い人気を集めているので、冬場はなかなか予約が取れにくなっておりますので、タイムスリップしたい方はぜひ前持って予約してみましょう。

 

まずはお気軽にご応募ください!

TOP