コラム

アイアールからのお知らせです。

世界の建造物

名古屋本店コラム

日々の業務お疲れ様です。

ブログのネタを探して写真フォルダを探していたら、大学時代に行ったモン・サン=ミッシェルの写真を発見したのでご紹介します🇫🇷
コロナで海外旅行にはまだ行けなさそうなので、少しでもフランス旅行気分を味わっていただけたら嬉しいです!

モン・サン=ミッシェルというと海の上に浮かんでいるような外観が神秘的でとても美しいですが、実は内部もいろいろな時代の建築様式が混在していてとても面白いんです!🏰

モン・サン=ミッシェルは708年に礼拝堂が建てられてから修道院が造営されると巡礼の地として広く知れ渡るようになりました。
その後は14世紀に入ると難攻不落の城塞として機能し、16世紀に再び修道院として復興、18世紀のフランス革命後には監獄として利用され、19世紀になってからようやく信仰の地として再興するなど何世紀にもわたって様々な用途で使用されました。

その間に何度も増改築が繰り返されたため、各時代の建築様式が混在していて『生きた建築博物館』ともいわれています!

内部の私のお気に入りスポットは『ラメルヴェイユ』と呼ばれる回廊で、この写真だと少し分かりづらいのですが、2つの柱を少しずらすことで、回廊がずっと続いていくような錯覚を引き起こす効果を生み出しています👀

今のように機械もないのにどうやって設計したんだろうとか、こんな綺麗な装飾どうやって作ったんだろうとか色々なところに感動して結構な時間滞在していた記憶があります!

人を感動させるような建造物に携われるお仕事をしているアイアール社員の皆様本当にすごいなと改めて感じました・・・!

それではみなさまよきGWをお過ごしください!!

まずはお気軽にご応募ください!

TOP