コラム

建築会社で働くことのちょっとした知恵や
社員のブログを掲載中!

  • TOP
  • コラム

ラグビーワールドカップ

東京支店コラム

今年9月にラグビーのワールドカップが開催されます。
今回で9回目の開催ですが、何気に知らないかもしれませんが、日本代表は全大会に出場しています。
また、前回のリオオリンピックでも7人制ラグビーに出場しています。それだけアジアでのラグビーの地位は確固たるものなのです。
ある意味サッカーやバスケットのそれと比べると全然違いますね。

今や、世界規模にまで大きくなったラグビーですが、そもそも、どうやって生まれた競技なんでしょうか。

ラグビー発祥の地はサッカーと同じくイングランドで、ある日校庭でサッカーの試合中に興奮した子供がサッカーボールを手に持ってゴールに向かって走って行ってしまった事が始まりだと言われています。
(勿論これも諸説ありますが)

勿論、その時には、その走った子供は皆から激しく叱責されたでしょう。
手を使ってはいけない競技で堂々と手を使って走ったのですから。
その子自身も深く反省したと思います。
しかし、その中で、誰かが「これは面白い」と発想の転換でこれを競技として取り入れたのです。
そして今では、ワールドカップが開かれる程メジャーな競技になったのです。
その時にはとんでもない行為や言動であっても、発想の転換でいくらでも新しい物を産み出すと言う典型なのかもしれません。

これは、仕事でも言えるのではないでしょうか。
日常の業務の中で、突拍子も無い行動を起こしたり、言動が出たりする事が多々あると思います。
しかし、それも発送を転換して新しい考えとして柔軟に考えれば、それは素晴らしいものに成り得るのです。

私たちも日頃、仕事をするに当たって、全くだれも考えもしなかった考え、誰もが予想だにしなかった行動が見られた場合、単純に、それを非難するだけでなく、それらが今後の業務にどう活かせるのかを常に考える必要があるのではないでしょうか。

ラグビーワールドカップ

日本の元号

東京支店コラム

平成も30年(31年かな?)で終わり、5月1日から令和の時代に入り、早1ヶ月が過ぎようとしています。この元号はいつから始まっているのでしょうか。

古くは645年大化が始まりとされています。今から1300年以上も前からですから歴史を感じます。では何故、元号を用いる様になったのか諸説様々ですが、元々は古代中国で使われていた風習を真似たもののようです。また、中国に限らず西洋ヨーロッパでも元号は存在していたそうです。

それでは何故、日本だけに元号の文化が残っているのでしょうか。これは日本の歴史を遡ると良く分かります。

古代社会では今の様な共和制や合衆国制、連邦制では無く、殆どの国が王制でした。古くは中国における秦の始皇帝から始まり、ローマ帝国のユリウスシーザー、またヨーロッパにはハプスブルク家やメディチ家と言った様々な王家がありましたが、歴史の中で殆ど全てと言って良いほど滅んだり衰退して行き、今ではその名残りしかありません。中国もしかり、秦から始まり漢、隋、唐、宋、元、明等、数多くの王朝が君臨し清を最後にそれは消滅してしまっています。そもそも元号とはその国の王が君臨する時代を表す為に作った物であって、その王家が滅びると必然的に無くなって行ったようなのです。
では日本はどうでしょうか。今回の皇位継承に伴い、今上天皇は初代の神武天皇から数えて126代目にあたります。つまり歴史の中で紆余曲折はあったものの、世界の国々の中で唯一日本だけが万世一系の王家を維持して来たと言うことなのです。王家が変わらないのですから元号もそのまま継続するのも当然と言えば当然なのです。

私たち日本人が何気に使っている元号。これは国の歴史を物語るのに非常に重要な証です。これからも、皇位継承毎に様々な元号が用いられると思いますが、この日本と言う国が続く限り永遠とつないで欲しいと一人の日本人として願うものであります。

日本の元号

東京オリンピックに向けて

東京支店コラム

2020年、いよいよ国民が楽しみにしている東京オリンピックが開催されます。
日本国内で開催されるオリンピックは1964年の東京、1972年の札幌、1998年の長野に次いで4回目となります。
 アジアで4回もオリンピックが開催されるのは初めてで、世界でも2回以上オリンピックが開催された都市はアテネ、ロサンゼルス、ロンドン、パリと5都市しかありません。
それだけ、東京と言うのは世界でもある程度の地位を築いた都市と言えるのではないでしょうか。その中でも3回もオリンピックを開催する都市はロサンゼルス(2028年開催)のみです。しかし、実は3回目である事をご存じでしょうか。
 歴史を遡ること、1964年から約20年以上前の1940年に東京オリンピックと札幌冬季オリンピックの開催が決定していたのです。しかし、前年に始まった第二次世界大戦、日米の関係悪化に伴い、このオリンピック開催を返上せざるを得ない状況に陥ってしまったのです。戦争でオリンピックの開催が中止になったのは1916年第6回大会ベルリン大会以来2度目でした(実際には1944年のロンドン大会も中止になった為3回)。中止になったいずれの都市が敗戦国と言うのが皮肉なものです。戦争は全ての物を不幸にしてしまいます。
 オリンピックは世界平和の祭典と言われています。真の意味での世界平和が訪れるのがいつになるのかは未だ分かりませんが、せめてオリンピックの開催期間だけは世界中が平和になって欲しいものです。
東京オリンピックに向けて

僕の地元

東京支店コラム

こんにちは。アイアール須藤です。
今回は僕の地元の埼玉県川口市について紹介します。

埼玉県の「中央地域」と呼ばれる県南東部のJR京浜東北線・高崎線沿線地域(旧北足立郡地域)のうち、南端に位置する市の一つです。

北隣のさいたま市、南隣の東京都区部に挟まれた位置にあり、東京都の足立区と北区と隣接し、さらに西は蕨市と戸田市、東は越谷市と草加市にそれぞれ接してます。

川口における市街の形成は、江戸時代に日光御成街道の宿場が置かれていた川口宿(現:本町一丁目周辺)に端を発する。近代以降は、中心部において既に地場産業として根付いていた鋳物工業が、旧川口宿の東側・北東側を中心に集積・拡大し、川口は工業都市として発展しました。その一方、東京の都市域の拡大に伴い、宅地化も急速に進展した。近年、鋳物工場は新郷地区等への移転や廃業に伴って減少し、跡地の多くで超高層マンションをはじめとする高層の建築物が建てられています。なお、市の東部や北部は、今でも自然が残っています。

また、川口市で地理的な中央部にある鳩ヶ谷地域(旧鳩ヶ谷市)には江戸時代の旧鳩ヶ谷宿という、川口市の中央地区における旧川口宿とは異なる歴史や伝統があります。鳩ヶ谷駅東口の鳩ヶ谷本町付近においては歴史的な建築物や町並みが現在でも残存しています。人口増加による無秩序な市街地拡大を防ぐため、芝地区や戸塚地区では区画整理事業が進んでいます(埼玉県の土地区画整理事業一覧)。 東部地区(戸塚、神根、安行、新郷、鳩ヶ谷など)は大宮台地鳩ヶ谷支台が南北に走る高台になっています。それ以外の殆どの地域は低地であり(川口低地)、その低地は縄文時代において奥東京湾(鳩ヶ谷支台の西側の水域は「古入間湾」とも呼ばれる[2])の底であった(海面が現在よりも高く、河川による沖積・陸地化も進んでいなかった時代で、一般に縄文海進と呼ばれる)[3]。現在、低地部分は住宅地などの都市的な機能、台地部分は畑・樹木畑など近郊型農地としての土地利用が多いです。また、芝川が市域中央部を縦断するように流れてます。芝川は、市中央部で、新芝川に分かれています。
埼玉県川口市

ご褒美ご飯

東京支店コラム

今日は天気良い週末です。
引越しと新環境に慣れるまでの間、外食とインスタント食品の日々が多かったので、家族全員へのご褒美のため
韓国の外食メニューの「チクタク」を作ってみました。
それでは早速作り方を公開していこうと思います。

チクタクレシピ
韓国では普通丸1匹と鶏肉を段切りして作りますが、日本のスーパーでは売っているところが少なくて
今回は違う食感を感じる為に、手羽先とモモ肉の2種類を選びました。
鶏肉はきれいに洗ってから、牛乳と塩コショウで10分ほど漬けておくと柔らかくなるので、やってみました。
さつま芋の春雨も事前に水に漬けておきます。(写真撮り忘れ)

チクタクレシピ
漬け置き準備できたら、「チクタク」に入れる野菜の準備を行い(今回はジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、エリンギ)、
ソースも作っておきます。
ソースの作り方:
濃口醤油10スップン、砂糖3スップン、料理酒3スップン、ごま油少し、ニンニクみじん切り、ネギみじん切り、水少しで完成!
(※色を少し黒くしたい場合は黒砂糖に変更)

これからは本番のスタート~
お鍋に洗った鶏肉と完成したソースを半分ほど入れて、水を肉の浸するところまで加えて、煮込んで行きます。

チクタクレシピ
一回涌いてきたら、用意した野菜を固い方から入れ始め、半熟になったら、残りの野菜も全ていれます。

チクタクレシピ
あとは、中火に設定して汁が減るまで煮込んで行きます。(途中でさつま芋春雨も入れる)

チクタクレシピ
これでビールにも御飯にも合う「チクタク」完成~

TOP