コラム

建築会社で働くことのちょっとした知恵や
社員のブログを掲載中!

  • TOP
  • コラム

外国人労働者雇用

東京支店コラム

こんにちは、今回は外国人雇用に付いての第二弾です。
一口に外国人雇用と言っても世界には国連に加盟している国だけでも193か国(2017年10月現在)あります。その全ての外国人が日本に来て仕事をする訳ではないのですが、何気に多くの外国人が日本で仕事をしています。
自分が携わった外国人ではルーマニア、トルコ、シエラレオネ、ブルキナファソといった普段では殆ど関りを持つことが少ない外国人と仕事を共にして来ました。色々な国が有りますが、どの外国人にも共通して言える事は、皆んな日本が好きで夢を持って来日していると言う事です。そして平和な国、日本で頑張って行きたいと言う気持ちです。

ある日、ルーマニア人の女性と仕事前に話す時間があり、内戦時代の事を話していた時、お母さんが看護師で、自分の危険も顧みず、街中で怪我をしている一般人を必死で看護している姿を毎日見ていたと涙ながらに語ってくれました。正直、仕事前にまずい事聞いたなと反省はしたのですが、改めて日本の平和に感謝した一日でした。

そんな日本に大きな夢を持って仕事を探しに来ている外国人を雇用するのも、私たち派遣会社の使命ではないかと個人的には考えています。外国人はその国その国によって文化や風習が違うと前回述べました(ちなみにあるコンゴ人は和式トイレの便座に普通に後ろ向きに座って用を足してました。それもドアをオープンにして(#^^#))。

しかし、そんな外国人に日本の文化を教えるのも私たちの仕事です。どんな人も誠意を持って話せば必ず真意は伝わります。外国人も同じです。よく外国人は生活のマナーが悪いと言われていますが、それは教えていないからです。少なくとも、私の携わった外国人は一生懸命話せば必ずそれに従ってくれました。

誠意を持って相手に接する。これは外国人に限らず、私たち日本人に対しても必要な事なのではないでしょうか。
外国人労働者雇用

東京支店の今日のランチ

東京支店コラム

みなさんこんにちは!
東京支店 三原です。

東京支店でのランチを紹介します。
今日は東京支店メンバーでたこ焼きを支店でしました!

私は関西人なので結構たこ焼きはしたことありますが、
東京支店メンバーは初めての方が多い事にビックリ。

初めての方は最初は苦戦してましたが、
みんなすごい上手にできました。

たまにはみんなでたこ焼きランチ良いですよ!

次はタコ焼き機でベビーカステラでも作ろうかなあ。。。
タコ焼き

タコ焼き

東京支店メンバー

娘の成長

東京支店コラム

こんにちは!

東京支店の青鹿です。

1歳と少しの娘も大きくなり、やっと歩けるようになってきました!
父としては感動でして、毎週休みにお散歩するのが楽しみなこの頃です。
最近は、少しずつ「パパ!」と呼んでもらえることもあり、、、
僕の父や母にもいろんな人にパパと言ってはいますが。(笑)

今後も娘の成長が楽しみです(^^)

愛娘

駅弁に魅せられて

東京支店コラム

こんにちは、東京支店所属の三浦です。

近頃、新幹線や特急列車を利用する機会が多くなり駅弁の魅力にとりつかれつつあります。
そのような中で私が食べた駅弁の中から幾つかご紹介させて頂きますので、機会があれば召し上がってみて下さい。

個人的に一番好きなのは、宮城県亘理町の郷土料理“はらこ飯”を駅弁風に仕立てた
宮城海の輝き〜紅鮭はらこめしです。
脂ののった紅鮭と大粒のいくらをふんだんに使っており一口頬張れば幸せな気分に包まれます。
本家の郷土料理も絶品です、機会が有れば是非!

伯養軒の牛たん弁当は牛たんの塩焼きと牛たんそぼろが麦飯にベストマッチし、ひもを引くだけで車内でも温かいお弁当が食べられるのが魅力です。
以前の私でしたら移動中は景色を見るのみで車内で何かを食べようとは思わなかったのですが
人は変わるものですね。

あなたもアイアールに入ればささやかかもしれませんが何か変化が起こるかもしれませんよ。

外国人労働者の受け入れ

東京支店コラム

今、国会でも争点となっている外国人労働者の受け入れ拡大に向けた「出入国管理法」改正案ですが、これが通過、施行されると日本の労働環境はどうなるのでしょうか。

現在の日本の総労働人口は約7,000万人前後と言われています。しかし、少子高齢化に伴い、人口自体が減少して行く中で、それに併行して労働人口の減少も懸念されています。その中で出たのが外国人労働者の雇用条件拡大です。

一般世論のアンケートでも外国人労働者の受け入れ拡大に付いては50%が賛成意見であり、今後の日本社会の中では避けては通れない道だと思います。それでは、今後外国人を雇用するに当たり、何処に注意して行けば良いのか、それを考えて行きたいと思います。

先ずは外国人雇用を片手間にやるのでは無く、そのスペシャリストを置く事です。私も過去に29か国の外国人を雇用した経験がありますが、その国その国で文化も考え方も違います。そこで無理に日本の文化を押し付けるのでは無く、如何にその国の文化、考え方を理解して外国人の働き易い環境を作ってあげるかが大切になって来ると思います。

正直、今の時代の日本の若者と外国人の仕事に対する考え方に大差は有りませんから。
ま、だからと言って何でも合わせて行くのも考え物ですけどね。(#^^#)
外国人労働者の受け入れ

TOP