インタビュー

三原 拳太

INTERVIEW 15

営業統括部長 三原 拳太さん

前回のインタビューでは大阪支店長だった三原さん。
現在は異例の速さ・若さで営業統括部長に就任。

誰もが100%満足は難しい...
でも満足度を上げることは可能だと思っている!
その為の体制づくりを私が行っていきます!

アイアールとの出会い

アイアールに入社する前は約5年飲食業で働いておりました。
私は人と接することと料理が非常に好きで、某大手飲食チェーン店で働いておりました。
この先料理の道に進もうかとすごく悩んでおりましたが、飲食業の時の元上司がアイアールに入社し、営業を探しているから来ないか、と声をかけて貰ったのが地獄の始まりでした。(入社当初。笑)
やればやるだけ給与に還元されるとの事で営業職には興味がありましたが、飲食業もすごく好きであまり興味がなかったのが本音です。笑
ただ私を誘ってくれた上司は尊敬できる上司でしたので、ついて行こう!と覚悟しアイアール入社!
当時アイアール大阪支店は梅田駅直結ということもあり、凄い良いところに事務所を構えているし、ワクワクし事務所に突入したのを覚えてます。

そこから私の地獄は始まりました。

事務所に行くと私のテーブルはなく、パソコンもなく、事務所の広さは約三畳ほど!名刺も手書き!しかもそこに3人!
そのうち2人は上司なのですが、僕が入社した瞬間、1人は福岡へ1人は現場へ...。
何もしらない僕が1人大阪へ残され本部からは毎日、売上あげろ・利益出せ・結果出せ...。
(いつかこの話は告発します。)
何も教えてもらえない中でパイプ椅子に座り、小さいコピー機の上でリストを貰ってテレアポをしていた事は今思うと忘れない思い出です。
パソコンが届いた時は、電源のつけ方も分からず、ローマ字すら危うい状況でした...。
毎日仕事終わりにタイピングの練習をしたのを今でも忘れません。笑
あっ。このお話は昔話ですからね、今は全て整っておりますよ。
まだまだお話したいことはありますが、この辺にしておきますね。笑興味のある方は直接聞いてくださいね。

三原 拳太

現在の仕事内容(役割など)

現在は統括営業として全国を飛び回っております。
大阪・名古屋・東京・福岡の各支店を回り、問題点、改善点、各支店計画管理、営業数字管理、現場社員ヒアリングなど。
支店長のころに比べると難しい業務も増えましたが(数字管理など)、アイアールの営業をまとめる役として奮闘しています。
各営業や技術者さんたちが不安にならないよう、ぼく個人としても会社としても、しっかりと道を作っています。
現場ヒアリングは営業のころから行っているんですが、とにかく話に行きます。このヒアリングが大好きなので立場が上になった今も積極的に向かうようにしています。
上の立場になっても技術者さんたちとの距離は近いままでいたいんですよね。

三原 拳太

イアールについて

アイアールはどういった社員が多いですか?

アイアールは未経験で施工管理を始める人が非常に多く、前職が飲食業店長・自衛隊・介護士・教師・警察官などほんといろんな職種の方が働いています。
比較的年齢層も若く、20代~30代が圧倒的に多いですね。
働いている人をみて思うのは、本当に今までの職歴は関係ない。やる気さえあればどんどんキャリアアップをしていきます。

どんなアイアール社員を募集していますか?

正直どんな方でも大歓迎です!
人それぞれ求めるものは違うと思います。
土日休み!給与が高い!プライベートを大事にしたい!福利厚生がしっかりしている!などたくさんあると思いますが、一番大事なのはやろうと思ってもらえる気持ちだけで充分なんです!

三原 拳太

働いていて【よかった】と思ったときはどんなときですか?

なんと言っても仕事を通してたくさんの人と出会えたことですね。
技術者さんもそうですが、働いている場所の所長さんや事務員さんなど
全国に数えきれないほどの人と知り合うことができました。

中でも一番心に残っている人を紹介します。
まだ仕事を始めたばかりで右往左往していた時、技術者さん(Oさん)に
「三原さんが頑張ってくれているから、私ももっと頑張ろうと思う。ありがとう。」
と言ってもらえたことがあります。
その言葉を聞いたときに僕自身とっても励まされました。
と同時に必ずこの人の働きやすい環境で楽しく仕事をしてもらう!と奮闘しました。

Oさんの仕事が決まったときにはじめて仕事での達成感や、この仕事をしていてよかった。と思いました。
今でもOさんとは仲が良く、よく話を聞きに行ったりご飯にも行ったりしています。

今もあの時のことを思い出して頑張っています。

ンバーワンではなくオンリーワンへ

これからのアイアールをどうしていきたいですか?

ナンバーワンではなくオンリーワンを目指す。
同業他社はたくさんありますが、アイアールでなければいけない会社を目指します。
今はまだまだ見直すところはたくさんあります。
個々の働き方、考え方を尊重できる体制を作りたいですね。
それが休みなのか、プライベートなのか、給与なのか。
そこはなんでも構いません。そこを会社が理解し、働きやすく生き生き仕事できる環境を作る!
誰もが100%満足は難しい...
でも満足度を上げることは可能だと思っている!
その為の体制づくりを私が行っていきます!

ナンバーワンにならなくてもいい。
もっともっと特別なオンリーワン!!

三原 拳太

TOP