インタビュー

宮川 皓介さん

INTERVIEW

宮川 皓介さん

2021年新卒入社 営業

生時代について

大学ではどのように過ごしてきましたか?

中学の時は全然勉強とかもしてなくて、ずっと遊んでたんですけど、高校で地元の友達と違う高校に行ったら、高校に気の合う友達がいなくってすごいつまらなかったんです。それで授業中とか寝るのもったいないなって思って黒板をしっかりみて、ノート取るようになったらめちゃくちゃ成績上がっていってそれで指定校推薦をもらうことができました。関西学院大学を選んだ理由としては、可愛い子がいる大学ランキングで3位だったんで、狙っていきました笑

大学ではどのように過ごしてきましたか?

大学では社会学部に入りました。経済学部とか法学部とかは、経済のこととか法のことを深く学んでいくと思うのですが、僕がいる社会学部は経済の社会学だとか、法の社会学とか様々なことを広く浅く学べる学部です。最終的には、学んでいく中で自分が興味を持ったものを研究して卒論を書くんですけど、結構色々なことを勉強できるのですごく楽しいです。ゼミは計量社会学のゼミに入っています。社会で起きている現象についてメカニズムをデータ分析によって解明するっていう勉強をしています。大学は最初の2年間は通学できていたんですけど、新型コロナウイルスの影響で残りの2年間はオンデマンド型の授業でオンラインで行われていたので、実質2年間しか大学に行けませんでした。大学に通えていた最初の2年間はアルバイトと遊びに専念していましたね。ラーメンサークルに入っていて、ラーメン食べ歩いたりしていました。大学3年で単位を取るのが落ち着いたら留学にいきたかったのでお金も貯めていたのですが、コロナでかなわずでした。コロナの影響で通学ができなくなってからは、余った時間を有効活用したかったので、将来のためにFxやバイナリーオプション取引の勉強をしてきました。勉強には実際、コンサルに参加して先生に直接教えてもらったりして真剣に勉強をしていました。

宮川 皓介大学時代の宮川さん

職活動について

どのように就職活動を進めていたのか

私は将来自分で起業をしたいと考えているので、そのために必要な能力を伸ばせる企業に絞って就職活動をしていました。職種に関しても、若手からでもインセンティブでガッツリ稼げるというところを重視していたので、そういう働き方ができそうな営業や経営コンサルタントに絞っていました。あとは大手企業で働くよりベンチャー企業の方が自分がやりたいようにできるし、僕が思っているような働き方ができるというイメージがあったので、ベンチャーで働きたいという気持ちは大きかったです。

アイアールに入社した理由

実は地元の友達が実際にアイアールで働いていたので、会社のことや社風など細かく聞けたことが大きかったと思います。その同級生には、営業は難しいこともたくさんあるけど、やればやるほどお給料も高くなるし、雰囲気もみんな生き生きしていて楽しいという話を聞いて、自分の働きたい環境にあっているなと感じていました。あとは他にも様々な会社の面接や短期のインターンにも参加していたのですが、他にみていた会社と比べても、アイアールが一番楽しそうだなと感じたので入社しました。実際に働いてみても、アイアールはやっぱり若い会社なので、若手もたくさんいて活躍できる場が多いですし、インセンティブでガッツリ稼ぐこともできるので自分が就職活動をしていた時に求めていたものが揃っていて、めちゃくちゃ頑張れる環境だなと感じています。それに、僕は今4年生で実はまだ大学を卒業してないんですけど、コロナで学校もいけないし、早く社会人になりたいと思っていたところ、早期で入社させていただけました。そういった柔軟な対応をしてくれたところも魅力の一つだと思いますし、若い会社だからこそできることなのかなと思います。事業としても、コロナで職を失った人や手に職をつけていきたいという人に活躍できる場所を与えられる事業であるので、とてもやりがいがある仕事だと感じています。

宮川 皓介

社してみて

2ヶ月働いてみての感想

正直に言うと、とても大変でした。かなり自信を持ってアイアールに入社したのですが、色々と失敗も経験して、いい意味で成長できていると感じています。でも就活の時に自分が求めていた、営業力をのばせていける環境だと思うのでとても楽しくやっています。少しずつ仕事にも慣れてきたので、これからは数字もしっかりとついてくるように、今はとにかく基盤を作っていくことに専念しています。

アイアールにはどんな人が多いですか?

若くてイキイキしている人が多いですね。特に僕が働いてる大阪支店は20代の方だけですが、みんな自分を持っていてしっかりしている人が多くて驚きました。自分も負けてられないなと思える環境です。あとは、大阪支店は楽しい人が多いんですけど、楽しむときは楽しんで、仕事する時は仕事するそういうメリハリをつけられる人ばかりです。

仕事している中で嬉しかったことは何かありましたか?

建設業の中でも、人それぞれ求めている分野っていうのがあるんですね。土木、建築、設備とか色々な分野があるんですけど、技術者さんが求めている環境を整えることができた時はすごく嬉しかったです。担当した技術者さんがプラントのお仕事をやりたいって言っていた人がいたんですけど、たまたまプラントの案件があってそこに入れてあげたら、「私にぴったりで、頑張っていけそうです!」めっちゃ喜んでくれてすごく嬉しかったです。そういう営業をこれからもっとできるようにしていきたいです。

今後の目標

とりあえずは営業で結果を出して、上司に認めて貰えるような営業マンになることが大前提にあります。営業力だけではなく、しっかりとマネジメント力もつけてこれから起業する際に生かせるようにステップアップしていきたいと思っています。

就活生にアドバイスをお願いします。

将来の自分像をしっかり考えて、それを実現するために必要なスキルだったり経験を習得できるような会社に入れば頑張れるし、楽しいと思いますね。なにも考えず、思いつきで入った会社は、目標もなくて絶対続かないし、頑張れなくてストレスになってしまうと思うので。自分の目標だったり叶えたい自分像を考えて、そのためにステップアップできる会社に入るのがベストだと思います。

宮川 皓介

TOP